スポンサーサイト

  • 2009.01.02 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


終了アニメとか亀井さんとか

気が付いたらもう4月…

★というわけで、もう新しいアニメも始まってますが、その前に終了アニメとかについて。

★『キミキス』〜えー結局まお姉ちゃんですか…別にいいんですけどね。。
で、くりゅうさんはツンデレと;;

★『マギカ』〜はまあ絵もきれいだったし良く出来てたと思うんですが、だからといってコレというほど面白かったわけでもなく…やっぱり話がベタすぎなのかな。。

★『バンブレ』〜こちらも流し見程度で。珠ちゃんは主人公だけど物語の核ではないのね。まあそれはそれでアリなんですけど、(某)は嵌らなかったな。

★『アリア』〜先にコミックで完結読んでしまったんで、コミック通りというか…(苦笑)。
その後の灯里、アニメの方は普通(?)でしたが、コミックの方は、なんというか“ギャル”っぽい色気になってたような印象が…(汗)

★『遊戯王GX』〜実はコチラも終わってたのでした(笑)。意外にも、この『GX』編、結構好きだったんですよね。主人公のキャラが“ヒーロー”らしくて。
最後は初代遊戯とバトル!なかなか乙ではないですかw

★『狼と香辛料』〜まあホロが人気なのは判る気もしますが(笑)、個人的にはどうも、“なぜこういう物語を書きたかったんだろう?”というのが素朴な疑問で良く判らない。。趣味といえばそれまでなんでしょうが;;

★『ガンダム00』〜あれ?終わってた?(汗)。
うーん、色々あちこちでダメ出しはされてるんですけど、(某)としては結局、物語の中で主人公たちが何を目指してどう志して行こうとするのか、そのへんが主軸となるべきなのになってないので、見ていても“何がなんだか”的な感想にしかならないような気がする。
前の『ガン種』は、それがベタすぎてダメでしたけど、『00』は逆の意味でダメ、というか。
5人いて似ている設定の『W』なんかは、そこら辺構成も各キャラの動かし方も、とても良くできていたと比較してみたり。まあ世界設定は違うので単純比較はできませんが、それにしても、“キャラを動かすための算段”がシナリオの段階で全く出来てないと見えるのはどういう事だろう?黒田さんともあろう方が。

★『絶望先生』〜だんだん、(某)の世代でもついていけないネタが出てきましたが(笑)。。
とりあえず『絶望放送』はまだ続くので楽しみです;;

★『True tears』〜地元でも反響を起こすだけのレベル、クオリティというのは判ります。『らきすた』みたいな作品だったら、たぶん県議会で取り上げたりしないでしょうし。
元々、西村監督といえば、既に『うる★やつら』の中でも、“こういう作品”を作りたい、っていう意欲が見る側にも伝わっていて、それをこの作品で、思う存分やれた、ってカンジでしょうか?

ただ、(某)個人的には、もう共感する歳でもないので(苦笑)、ていうか、元々こういう主人公には共感しないか;;今ひとつ、いやふたつみっつくらい、ピンと来ませんでした。

あと、ヒロミみたいなヒロインは、これまた個人的にいけ好かないので(笑)、どうして坊ちゃんが最後ヒロミにいっちゃうのか理解できん(苦笑)。まあいいんですけど別にw

★『シゴフミ』〜主人公のエピソードに物語をシフトしてしまって、最初の寓話的な各話構成パターンが消えてしまったのが勿体無いような…まあ良いんですが。

★『BUS GAMER』〜3話であっというまに終わってしまいました…つーか、終わってないじゃん(笑)。
まあ、単発のOVAってカンジでしたね。。

★『アヤカシ』〜後半、割と話の続きが気になって見てましたけど。。特に残るものはないなぁ。

★『みなみけ』〜最終回で、前作のOP使ってましたが、、ちょっと反則?(笑)

★『獣神演武』〜カンフー映画へのオマージュ、ってカンジでしたが、結局、物語世界にもストーリー自体にも目新しいものがなく…というカンジでしたね;;


…終わってみれば、『ARIA』と『シゴフミ』(途中まで)くらいですかね。。終わってないので『ペルソナ』もありますが。。
意外に収穫少ないな。。



★終わりといえば、『おとボク』ラジオも…最終回が船上クルーズって、どうにも微妙な…(それも食事ばっか 笑)

もう『DC』ラジオと『絶望放送』しかない…と思ってたら、こんなのが始まりますよ!!

http://www.animate.tv/digital/web_radio/detail_131.html
メイドガイラジオ! 小山力也が!このキャラで!!(笑)

…ちょっと楽しみ…w


★購入コミック。
『陽だまりのピニュ』3巻。発売日、1冊しか入ってこなかったので、ようやく;;

『指先から伝わる』
http://www.mangaoh.co.jp/php/data_product.php?&i_prd_code=164635

古田アキラっていったい…と思ったら、亀井さんじゃありませんか(苦笑)。

実は、ウチの店に1冊しか残ってなかったので、女性コミックの担当さんに『残り1冊ですけど、コレ買いますんで…』と言ったら、『ああ、実は県内の作家さんなんです』と言われ、(某)も『さすが担当さん、よくご存知で(笑)』と返してみたり;;

ただ、今回、“原作”は別の作家さんで、亀井さんは“画”の方なわけですが、正直、亀井さんオリジナルの作品と比べてしまうと、どうだろう。。
まあBL自体、そんなに読んでいるわけではないので(苦笑)、原作の作家さんも全く知らないのですが、原作の物語がイマイチ、、ていうか、亀井さんのオリジナル次回作に期待したい(苦笑)。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★夢日記。
★冬目さんの漫画を、お客に『朗読してくれ』と頼まれる。読み出すと、漫画ではなく国語の教科書のような小説。漢文のような文体で難しい。『…この年に水溢れ、村の生き物が全滅…』みたいな話。

★外国人たちと一緒に、自主映画を作ることに。集まったロビーでTVアニメを見ながら話をしている。
(某)が監督するパートと、彼らが作るパートがそれぞれ独立したオムニバスの企画らしく、『さて、(某)も撮影に取りかかろうか』と動き出すと、ふと『ところで、制作費は?』との声が。そういえば、ある金額支給されてるハズだけど、どうなってたっけ…?と思いつつ、会計ノートを手にした外国人スタッフに『ここまでの使った金額のトータルは?』と訊くと、支給分を遥かに超えてるらしい…;;
ちょうど目の前を、彼ら<外国チーム>が撮影の為か、大きな土管とショベルカーを乗り回している。。『いったい、どんな映画撮ってるんだ…』と、これじゃ金が飛ぶのも当たり前だな、、と納得;;

★夜中。店の前に猫が1匹。中の方を見てじっとしている。その猫を横目に店の脇を廻ろうとして、何かにぶつかったと思ったら、、子猫たちが組体操のように段々になって壁を作っていて、それにぶつかって壁を倒してしまった模様;;『いったい、何匹いるんだ。。』と思って進むと、店の壁際に3つ、4つと、三角形に固まった猫の小隊列が;;
『分隊がたくさん…これは、猫の1個大隊か…?』

★学校の教室。午後からの授業で、恐いカンジの女性眼鏡教師が、『ひとりずつ、“発表”してもらいます』と言う。皆それぞれ、特技とか芸らしきものを各自の席上で披露していくのだが、(某)は『何かまともな“芸”などあったか?』と悩み。ふと、目の前の鏡(?)に、自分の顔が映ってるのを見ると、ふと首を振るたびに、髪の毛がヘリコプターのようにギュルギュル回転しているのを発見。『これはいける!』と思ったが、でもこんなのお笑い芸じゃん、やっぱり、“即興詩”とか出来んかな、とか考えているうちにチャイムが。『次回までに練っておこう』とか考える。

★幕府の将軍様の奥方様のご葬儀だとかで、将軍様を車でお送りしている模様。横に乗っている(某)は、車がジャリ道を飛ばして窪みを通るたびに体が浮く。
どうやら、将軍様をお送りしていたのは、ルパン三世だったらしいのだが、お屋敷について将軍様が、ルパン3世とゴルゴ13ともう1人の名を挙げて、なぜか悪態をついている。


最近の色々

こっちで書くの久しぶりですな^^;

★最近の購入
『トライガン』(完)〜最後は、期待通りの大円団、てトコでしょうか。
『映画化決定』との事ですが、どんなエピソードになるのだろうか…?

『ARIA』(完)〜まさかの完結でしたが;;ラストに向けてジワリ、ホロリとさせる展開に。
で、最後○○ちゃんがやってきて…というオチになってまたビックリ(笑)なんですが、コレはアニメも同じ結末に…なるんでしょうなぁ^^

しかし、大人になっても灯里…あの髪型は微妙な気が…(苦笑)

『眼鏡なカノジョ』〜某マイミクさんがリスペクトしてたので(苦笑)。
ワリとフツーの青春モノというか?
『伊達男作戦』が男の子的に良いカンジでしたが、悲恋にすると、さらに良かったかも…なんて;;

★今期アニメ そろそろ終わりですな。
『ARIA』〜今期はOPが<『スフィナ〜レ〜♪』の手前まで(苦笑)>結構お気に入りですね。

『シゴフミ』〜先日、カラオケでOP歌ってしまいました(汗)。
毎回、文を届ける人のエピソード…という仕立だったと思ったら、後半、フミカの話ばっかりになってしまったので、ちょっとそれはそれでお約束に反している気もしないではないですが。

『破天荒遊戯』がいつのまにか終わってて、『BUS GAMER』(「バス」じゃなくて「ビス」なのね;;)が始まってた。。しかし3話でオシマイだそうな;;

『H2O』〜痛いアニメも、痛いのを通り越すと、逆にわりと見れるものかと(苦笑)。
思いっきりエヴァっぽい演出があったりして楽しいですが;;

『ペルソナ』〜まだしばらく続くんですな。最近は、涼兄ちゃんが良く笑わせてくれますね(笑)。

地元でも盛り上がってるらしい(?)『True tears』ですが、ここのところ録画失敗続きで;;
ちなみに、あのEDアニメを見て『うる★やつら オンリーユー』のEDアニメを思い出すのは(某)だけでしょうか!?

『アヤカシ』〜途中から、また見出してます。バトルものなんですが、なかなか主人公が活躍しませんね(笑)。

『獣神演武』〜そろそろ結末ですが、ここまで結構お約束というかベタな物語展開だったので、特に特筆することもなかったり。。まあ、カンフー映画へのオマージュみたいな?

『00』〜“土6”枠廃止して、一旦終了して『コードギアス』っていう話らしいですが。。ホントか?

なんていうか、あちこちの感想見ても、もはや誰も、物語を正面からまともに見てない作品になってしまってるのが哀しいですな。哀しいけどこれガンダムなのよねっ、みたいな;;
単純に考えると、対峙する『世界』としての各勢力の思惑が、何かありそうにみえて実はコレというものが無いままだったり、そのせいで、ガンダムマイスター達が一応は“戦争根絶”の為に戦ってるハズなんだけど、その具体的な『敵』がいないまま、いつまでも散発的にテロと、その結果としての反撃に応戦するだけ、という、ラチのあかない状況に陥ってしまってる気が。どうも初めから、物語そのものが出来上がってないんじゃないか、という疑惑がありおりはべりいまそかり。

まあ良いですけど。ギアス見るから(汗)。

再放送。『ヤマト』はついに、ドリルミサイル来た;;
しかしガミラスって、地球以外に、どこで誰と戦ってたんだろう。。(ルビー戦線とかサファイア戦線とか…)

★アニラジ。
『ののラジ』 ゲストの『榊原ゆい』って…オイ;;

『DC』〜2回録りで男固めですか(笑)。最後の浅沼さんの『もう嫌だ』が思わず本音っぽくて(笑)。

『おとボク』〜こちらもついに終了なのね。。むしろ良く続いたと言うべきか。

『アヤカシR』〜こちらもいきなり(打ち切り?)。

『絶望放送』案の定、受賞ネタが;;“さぶ”キャラって、そういう意味かw


それにしても、常連リスナーって、本当にあちこち投稿してんですな。。『弱小問題』とか…どの番組でも見かける;;

最近のアニメとか

予約時間間違えて、絶望先生とTrueTeas撮れてませんでした;;

ずっと「おとボクらじお」聴いてるんで、松木さんの名前も覚えてしまったんですが、藤吉晴美の声だそうで。。イメージ違うなぁ?

「シゴフミ」前にチラっと出て「もしや?」と思ったら、やっぱり小山力也だったよ、変態小説家!!(笑) スゲー、スゲーよ力也さん、こんな変態役まで出来るなんて!!(ヲィ;;)

んで、こちらでも今週放送の「ペルソナ」。あはは、これは凄いわ;;爆笑


★ジャンプで、デスノートの読みきりが出てましたね。
映画公開に合わせた掲載なのかもしれませんが、こういう話を持ってきた作者の意図を推してみると、なかなかどうして、「描くべくして描いた」という印象を受けたのですが、果たしてどうでしょうか?
今の世相に対する、そして「デスノ」を支持するファンを、さらに突き放す、作者の痛烈な批評、とも読み取れる。。いえ、そう読むべきなのかと。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★夢日記。
☆コンサート会場・小ホール。SMAPが出演中止というので、一緒に出演するらしい演歌歌手や力士が、なにやら話をしている。
廊下で、SMAPのメンバーが。草ナギ君が「つまんない」と訴えているが、メンバーにスルーされている;;

☆学校の中に職場の店があり、さらにその中に、(某)の部屋がある。部屋の窓から、エメラルド・グリーンの海が見える。

☆病院。新米の看護婦(♀)になっている(某);; ある患者が、目の手術をするので、その準備に、なぜか「もやし」を、大根下ろしのようにすり下ろす。が、手術は中止に。

☆どこかの小料理屋のような所で、外国の役員団体を交える中、「海外で納豆を輸出・販売するのは良くない」とかいう話に。

新アニメとか。

そろそろ、新アニメが出揃ったようですね。

★「ヤッタ−マン」〜あれ?EDが違う…(笑)
まあ、今の子供が見て面白ければ良いんじゃないでしょうか。ってなくらいで、(某)が見ても、正直なところ、「サザエさんみたいに、まだ続いてたの?」という錯覚を抱けるほどには、良く頑張って作ってるとは思います。思いますけど、(某)が見て楽しむ程には、年を取りすぎてしまったかと。。(ていうか、シリーズ終了と共に卒業しました;;)

だいたい、タイムボカンシリーズは、他にもあるじゃないか…と思う(某)は、たまに「タイムボカン」と「ヤッタ−マン」のEDがごっちゃになったりして…(汗)

★「ARIA」〜またオリジナルですか?まあ、アニメはアニメで良いんですけどね;;

★「ロザリオとバンパイア」〜「つくね」「モカさん」…って、もしかして「キックオフ」ごっこ?(「キックオフ」って、、わかる人はもう若くない 苦笑)
「いちご100%」的な路線なんでしょうが、「とらぶる」アニメ化といい、こういう作品は後を絶ちませんなあ(笑)。

★「RH+」〜アニメじゃありませんが、漫画原作。同じ時間枠で前の「風魔の小次郎」に比べれば、まだマシなカンジですが、、この手のドラマは、どうにもチープな感じが。。

★「狼と香辛料」〜なんとなく、ちょっと古めかしい題材な物語な気がしますが、原作はそこそこ売れているんだろうか?

★「墓場鬼太郎」〜何気に「鬼太郎ブーム」ですか!?
目玉オヤジの誕生、はじめて知りましたw

★「フルメタルパニック」〜って、新しくないし(苦笑)。途中まで、レンタルで見てた気もするが、、

★「俗 絶望先生」〜特に新しくはない…;;

★「True Tears」〜どうも原作とは違うらしいですな。
いわゆるギャルゲー原作ですが、ギャルゲーと思わせない作り(というか、原作情報がなければ判らない?)なので、普通に見れるかもしれません。キャラ設定とかは結構ギャルゲっぽいですが;;
ていうか、作画や展開が渋すぎるので、どういう話になるのか逆に気になるかも…;;

★「破天荒遊戯」〜どうも同じ漫画家さんの「まりあほりっく」も気になるのですが(苦笑)、それは置いといて;;
予定話数が少ないせいか、1話目の無理やりなイントロダクションには半ば呆れましたが(苦笑)、割りと“ノリ”を楽しむみたいな展開ですね。あんまし、お話はツッこまないでください、みたいな?
なので、敢えてツッこまない事にしておきましょう(苦笑)。

★「君が主で執事が俺で」〜去年あたりから人気は来ていたギャルゲーものですが、、某「ハヤテ」とか色々パクったアニメ?とでも言うのか。。
まあ、お馬鹿アニメなので、スルーw

★「シゴフミ」〜設定からして、「死神のバラッド」みたいなカンジかと思いましたが、あっちが淡々と(望月監督らしい?)していたのに対して、こちらはかなり感情を叩きつけるような話で意外に良かったりして(苦笑)。
個人的な趣味でいえば、ラノベ的ファンタジーなキャラを排した方が、もっとエグくて良いかな〜、とか思うのですが(汗)、まあそこは原作だから仕方ない?

★「H2O」〜これもギャルゲーものですが、いきなり目の見えなかった主人公の目が見えるようになって、「目が見えない」という設定は一体なんだったのか…?とかいう疑問が;;

★「ペルソナ」〜ゲーム好きな方で知らない方はいないのでしょうが、(某)はゲームしてないので。。
まあ、普通に見ましたが、これはなかなかレベル高いかも?と期待させてくれます。
三男が元・双子で、普通は男の子ですが、なぜか時折…という描写が。。
「にいさま」「ねえさま」入れ替わり…って、ブラックラグーンですか(違;)

★「AYAKASHI」〜これもギャルゲー原作なんですが、なんとなく「IZUMO」のアニメを思わせるような…(微妙;;)

ところで、「IZUMO」でWiki検索してみたら、
http://ja.wikipedia.org/wiki/山本和枝

男性向け・女性向け・両方ともこなす原画デザイナーって、なかなか珍しいと思ったり;;

★「みなみけ おかわり」〜元々、別会社で競作?なわけですが、声が同じせいか、思ったほど違和感ないですね。

しかし問題なのは、日曜↑2つが被ってるわけで。。「AYAKASHI」が微妙なので、「みなみけ」かな。。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★“ノベルは読む気がしない”と言いつつ、やっぱりちょっと気になって買ってしまった「皇国の守護者」とりあえず5、6巻(死;;)。

なんというか、ノベルのセリフを読むと、どうも漫画版の“どんぐりまなこ”な新城とはイメージが違いますね。カバーイラストの顔に近い、というか。
とりあえず、新城の指揮振りをツマミ食い的に読んでみましたが(全部読む気はしない;;)、まあ確かに割りと面白いっちゃあ面白い(想定の範囲内で)んですが、読後感はイマイチ良くないんですね。ユーリアの描写のせいもあるかもですが、どうも三文小説を読んでるような俗っぽさが目についてしまうというか。。

まったくジャンルは違いますが、先日の「おとボク」文庫版の方が、むしろ清々しいカンジがしてしまいます(苦笑)。


漫画とか。

水曜〜久々に、夕方まで寝まくった休日でしたよ;;
夜店に出て、ちょっとしか仕事しないで帰るつもりが、結局2時間ばかしやってしまいましたが…(新刊台が、酷い事になってたので…;;)

木曜〜昼すぎから微妙に風邪気味?頭痛が。。

というわけで、金曜朝から用事も、風邪を理由にサボり。もう頭痛も治ってるんですが、面倒なので;;

★コミック。「ハガレン」18巻。まだまだエルリック兄弟の旅は続く。。

「放浪息子」7巻。すこしづつ交友関係がスライドしているのが面白いですね。
ところで、“男の子”っぽいと言われてきた高槻くんですが、性格的にはそうでもない、という描き方を狙ってるかのよう。
…と書いておいてアレですが、、そもそも「男」っぽい性格って、なんだ?という話でもあるのですが。たぶん、更科さんみたいなのを「理想」みたいに思っていて、彼女に憧れつつも反発したり自分が嫌になったりしてしまう高槻くん、みたいな描き方なんだろうけど。
でも本当は、そういうのって、つきつめてしまうと男女関係無く個人的な性格の問題なのではないかと。
まあ、世間一般には、相変わらず「男らしい」「女らしい」みたいな言い方があるのでしょうがないのですが。
そこで、174頁のスノボの話「男とか女とか関係無くダセぇ」って話に妙に繋がってる気が。

…しかし、「高槻くんの胸がない!!」には、何事かと思いましたよ…(苦笑)。

★アニラジ。
「獣神」ラジオ。ライラ役の神田さん…て、「おとボク」ラジオと妙にギャップが;;
それにしても、歌はあんまし上手くないんだねぇ、小山さん(苦笑)。

★アニメ。
「ダカーポ」〜絶望した!!あっさりと手の平返したように言い寄ってくる生徒たちに絶望した!!
委員長も…オイオイ、何一緒に弁当食ってるんだ、っていう。。(苦笑)

「ユアセルフマイセルフ」〜最後まで「…オイオイ;;」な。。別にいいんですけど;;

「げんしけん」〜2期は結局、“オタクだから”、という問題でもなく、普通に大学生の就職活動バナシになってたような。。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★夢日記。
☆どこかのビルの階段を降り、外に出る。東京らしい。雨を逃れて地下鉄の構内に入る。独特の臭いニオイ。仕事の宛ても無く上京してきて所持金も僅かで、さてどうしようかと惑う。

古く寂れた映画館。寅さんの映画専門の映画館らしく、中に入ると、昔の駄菓子屋のような佇まい。

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM